2chまとめ「要するに・・・」

-気の向くままにまとめてみた-

  • Twitter
  • RSS

      

    RSSピックアップ

    カテゴリ:サイエンス

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:◆sRJYpneS5Y:2014/10/06(月)20:04:58 ???
    東芝は6日、人間らしい容姿で簡単な挨拶や手話をするヒト型ロボットを開発したと発表した。大阪大学や芝浦工業大学、湘南工科大学、ベンチャー企業のエーラボ(東京都千代田区)と共同で開発した。来年度にも受付窓口や展示会の案内係用のロボットとして実用化を目指す。

     東芝が共同開発したヒト型ロボットは、身長165センチメートルで女性の容姿をしており、肌の質感や目の動きが人間に近く、腕や手を動かして会話や手話を行う。生身の人間のように、うれしそうな表情もみせる。

     今回、東芝は産業用ロボットの技術を生かし、多関節ロボットの動作アルゴリズムを開発。芝浦工業大学と湘南工科大学がセンサーで動作を指示する技術、エーラボと大阪大学がロボットの人間らしい容姿や表情づくりを担当した。

    続きはこちら 産経ニュース
    http://www.sankei.com/economy/news/141006/ecn1410060047-n1.html

    東芝が開発した簡単な会話や手話ができるヒト型ロボット=6日、千葉市美浜区の幕張メッセ
    http://www.sankei.com/economy/photos/141006/ecn1410060047-p1.html

    CEATEC Japan 2014
    http://www.ceatec.com/ja/
    4:名無しさん@おーぷん:2014/10/06(月)20:07:02 ID:JXZkK4X1r
    だめよ~ダメダメっていうあれか?
    【【経済】挨拶できる女性型ロボット、東芝など開発 身長165センチ、肌の質感や表情も [H26/10/6]】の続きを読む

    過去の記事はこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:それなり◆XonGXAywZYD.:2014/04/18(金)09:30:52 ID:90fqnCJks
    地球によく似た惑星 NASAが発見 NHKニュース
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140418/k10013837661000.html

    《記者まとめ》
    惑星は「ケプラー186f」。
    地球とよく似た大きさで、水が液体で存在する可能性があるとのこと。
    地球から約500光年離れており、恒星の周りを150日で公転している。
    恒星との距離は適度で、条件は今まで見つかった地球型惑星に比べ、最も地球に似ているとの事で、地球外生命発見に向けた第一歩とNASAはコメントしています。

    うーん、ロマンですねえ。
    今までの地球型惑星は、恒星から距離が近すぎたり遠すぎたりしていましたが、今回は期待できるそうですね。
    ただ、行き来するには恒星間航法が確立される必要がありますので、
    生きている間には無理だなぁ…

    詳細はソースまでどうぞ。
    Twitter@opensorenari
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1397781052/ 【【宇宙】地球によく似た惑星を発見…NASA[4/18]】の続きを読む

    過去の記事はこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: TEKKAMAKI(栃木県):2014/01/31(金) 08:28:05.88 ID:lcU2vzzo0 BE:166971375-PLT(12791)
    STAP細胞 中国、韓国も報道 「より早く、安く、安全に」世界が称賛

     理化学研究所による新しい万能細胞の作製成功について、海外の主要メディアは「革命的だ」と称賛する研究者らの声を伝えた。

     英BBC放送(電子版)は29日、「非常に刺激的で驚きの発見だ」とする英ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンのクリス・メイソン教授の反応を紹介。同教授は、ヒトでも成功すれば「より早く、安く、安全になり、個々人に合わせた再生医療が可能になるだろう」と述べた。

     ロンドン大キングズ・カレッジの研究者はBBCやロイター通信の取材に「本当に革命的な手法だ」と称賛。
    「科学上の大きな発見であり、幹細胞生物学で新たな時代を開くだろう」とし、ヒト細胞での応用が「年内に成功しても驚かない」と語った。弱酸性の刺激を加えるだけで万能細胞に変化することに「なぜレモンを食べたり、酢やコーラを飲んだときには起こらないのか。
    興味をそそられる」とも話した。

     韓国の中央日報(同)も30日、人工多能性幹細胞(iPS細胞)よりも「優れている」との記事を掲載。
    中国国営新華社通信は「日米の研究者が新世代の万能細胞を開発」と題する記事を配信した。

    http://sankei.jp.msn.com/science/news/140131/scn14013107590002-n1.htm
    【研究者 「弱酸性の刺激だけでSTAP細胞に変化。なぜレモンやコーラやビオレではならないのか不思議だ」】の続きを読む

    過去の記事はこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:キャプテンシステムρφ ★:2014/01/15(水) 09:42:02.20 ???0
    米航空宇宙局(NASA)は火星探索ミッションに向けてヒューマノイドロボット「ヴァルキリー」を開発しました。

    NASAによるとヴァルキリーは人間型の高度なロボットであり、大きさは全長1.9m、重さ125kgとのことです。
    ヴァルキリーは北欧神話における女性神であり、英雄の魂をヴァルハラに導くものとして描かれています。

    ヴァルキリーは女性をモチーフに開発されています。
    例えば胸の部分は膨らんでおり、ここにアイアンマンのような光るモーターを内蔵しています。
    44軸の関節を持っており、バックパックによるバッテリー駆動で1時間の動作が可能です。
    単独で二足歩行が可能で、かつ物を拾ったり専用工具を使用することもできるそうです。

    腕などのパーツは簡単に交換でき、破損した場合でも速やかに作業に復帰できます。
    ヴァルキリーは最終的にはドレスのような柔らかい服を着せられるとのことで、これは本体を保護する以外にも人間にとって魅力的な見た目となるでしょう。

    計画ではまず数十体のロボットが火星に送られ、人間が到着するまでの準備作業を行うのだそうです。


    ★画像



    http://www.teleradiosciacca.it/news.aspx?news=16180
    【【科学】ヒューマノイドロボ「ヴァルキリー」を開発。NASA(写真あり)】の続きを読む

    過去の記事はこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 腕ひしぎ十字固め(チベット自治区):2014/01/09(木) 23:31:26.90 ID:fCRXYN950 BE:850943849-PLT(12017)
    【【画像】こりゃマズイ、火星の表面にびっしり何かがへばりついているけど見なかったことに】の続きを読む

    過去の記事はこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 16文キック(庭):2013/11/18(月) 13:10:22.35 ID:4d+d7X9r0 BE:2064432948-PLT(12001)
    http://inhabitat.com/duke-university-students-find-a-way-to-charge-cell-phones-with-wi-fi/

    デューク大学工学部の生徒2名がWi-Fiで充電する方法を発見した。
    Allen HawkesとAlexander Katkoの二人が考案した装置は、メタマテリアルを利用しWi-Fiの電波を電流に変換する。
    USB充電器よりも効率的で、出力方法は太陽電池に似ているとの事。

    その装置の画像



    【アメリカの大学生がWi-Fiの電波で充電する方法を編み出す】の続きを読む

    過去の記事はこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: バックドロップ(京都府):2013/11/01(金) 17:38:35.34 ID:LDiwi9zHP BE:4683420296-PLT(12014)
    世界の終わりは来年中旬 理由はガス雲
    1.11.2013, 12:16



    英国の天文物理学者アルベルト・シェルヴィンスキー氏によれば、

    約1600万キロメートルにおよぶガス雲が地球に接近中だという。

    もしシェルヴィンスキー氏の計算が正しければ、このガス雲は太陽系全体を破壊するということで、

    地球は2014年中旬になくなってしまう。このガス雲はブラックホールから出てきたものであるという。

    NASAによれば、そのような情報は確認できていない、ということで、恐れることはない、とされている。

    ただ多くの人々は、パニックを回避するため情報が隠蔽されているのではないかと疑っている。

    リアノーボスチ
    http://japanese.ruvr.ru/2013_11_01/123749423/
    【【世界終了】太陽系全体を破壊するガス雲が地球に接近中【来年中旬】】の続きを読む

    過去の記事はこちら

    このページのトップヘ